shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS 編み物本の作品展示会へ行ってきました

<<   作成日時 : 2010/09/27 15:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

『小瀬千枝のニットパターンワールド500』展
『×2 1つの編み図で2つのニット』展に行ってきました。

どちらも文化出版局から出た本の出版記念で、
パピーの糸を使用しています。

小瀬さんの展示会は銀座のギャラリー青羅にて、
ごめんなさい25日まででした。

本に掲載されているパターンや作品の現物が展示されていました。

他にも『ブリティッシュテイストのかぎ針あみ』での作品などもありました。
この本大好きなので、こちらの現物の方が興奮しました!!

小瀬さんご本人いらっしゃいましたよ。
『ニットパターンワールド500』はまだ持っていなかったので会場で購入し、
サインしていただきました。

気さくで、小さくてかわいらしい雰囲気もある小瀬さん、
ニットデザイナーになって40年になるそうですが、
初めて会った私にも話しかけてくださいました。

「千枝ってね、フランス語で、ウ○チたれって意味なの」
「・・・!??」
「だからローマ字ではなくて漢字で(サインを)書きました」

私の聞き間違いでしょうか!?

調べてみました。
確かにチエはフランス語でシエと発音し、そのような意味のようです。

インパクトのある会話と共に、作品から沢山パワーをいただきました!
ありがとうございました。


『×2 1つの編み図で2つのニット』は
西武池袋本店7階手芸用品サンイデーギャラリーコーナーで展示しています。

こちらは28日まで。
展示数は、残念ながらさほど多くない気がしました。

ショーケースに入ったりしているところをみると、
撮影に使用した、作家さんのオリジナル作品ではないでしょうか?
その後手芸店に並ぶサンプルは、ニッターさんに量産されたものですよね。

写真と現物でイメージが違うことがよくありますが、
こちらは本とあまり変わりませんでしたよ!

池西の手芸売り場は、百貨店にしては広めで
(専門店にはかないませんが)
百貨店ならではの洗練された雰囲気なので見ていて楽しいです。

画像


小瀬千枝のニットパターンワールド500
小瀬千枝のニットパターンワールド500

ブリティッシュテイストのかぎ針編み―基本の鎖編み、細編み、長編みだけでできる
ブリティッシュテイストのかぎ針編み

1つの編み図で2つのニット
1つの編み図で2つのニット

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
編み物本の作品展示会へ行ってきました shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる