shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS アランの衿つきカーディガンが完成!!

<<   作成日時 : 2012/03/23 13:41   >>

トラックバック 0 / コメント 8

三國さんのアランの衿つきカーディガン
やっとやっと完成しました。

画像

編み図 『きょうの編みもの』(文化出版局)
デザイン 三國万里子さん
使用糸 パピー「ブリティッシュエロイカ」COL.134


画像

後ろ姿がステキ!?

2ヶ月位で出来るかな?なんて思っていたのに、
もう3月下旬、ヨコハマは春ですよー
着るのは、来シーズンのお楽しみです・・・

三國さんと私のゲージは、かなり異なります。

模様のバランスは崩したくなかったので、
8号針と6号針使用で編み図通りに編んだところ、
身幅は少し大きめ、丈は1割近く長くなりました。

私は身長が高いので、丈が長くても許容範囲ですが、
地も厚手のせいかコートやブルゾンみたいな風貌です。

実は「はじめて」の袖つきウェアでしたが、
ラグラン袖なので、とじるのは簡単!

編地は凝っていますが編み方は難しくないし、
ポケットもなんとかクリア。

そうそう、ポケット裏のメリヤス部分は目数を減らしました。
でないと、たるみますよね?
交差模様が始まってから目数を増やしています。

難しかったのは、しいて言えば前立てでしょうか。
身頃と長さを合わせるのに、少しだけ苦労しました。

前立ての仕立ては、本には「巻きかがり」と書いてありましたが、
先生と相談して、フツウのすくいとじにしました。

これから作られる方、参考になさってください。


昨年暮れに、三國さんの個展「miknits」で現物を見てきました。
このアランの衿つきカーディガンは42,000円
でも、当然といえば当然ですよね。

さて次は、気軽に編める小物に戻ろうかなぁ。


追記
完成後、衿を修正しています。
よろしければ、合わせてご覧下さい。
→『アランの衿つきカーディガン その後・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
超対策の完成、おめでとうございます!
すごい素敵!色も柄もコーデしやすく、活用度大ですね!
今年は東京横浜、寒いのでまだ冬のコートが手放せませんから、ニットアウターのみはおっての外出だったら、出番がありそうでは?
車移動のときは便利ですし、肩がこらなくてニットっていいですよね〜!

次の小物はなんだろう??
登場を楽しみしています。
miche
2012/03/23 16:52
ごめんなさい!
折角の完成お祝いメッセージだったのに、いきなり「超対策」なんて誤字でした
超大作❤です(*^_^*)
miche
2012/03/23 16:55
☆micheさん

早速のコメントありがとうございます!

そうですね、今日みたいな肌寒い日はまだまだ活用できそうですが、きれいな状態でお教室に持っていきたいので、着るのをガマンしています!?

ところで、我が家のおしゃまなうさぎさんが小さな手を振っていますが、気付きましたか〜?
shimaaji
2012/03/23 17:48
はじめまして、こんにちは。

今同じカーディガンを作成している者です。疑問がわいたのでいろいろ検索し、こちらのサイトにたどり着きました。編みもの初心者で、無謀にも三國さんのこの作品に挑戦したのですが、パーツを全部編んだものの、ラグラン線をうまく綴じ合わせできず困っています。どのようにその箇所を処理され、完成されたのか教えていただきたいです。ちなみにこれは出版社に問い合わせしたのですが、まだ返事がきていない内容です。初歩的すぎて呆れられているのかもしれません・・・。

ラグラン線は後ろ身頃は53段で、袖は51段です。これは丁寧にすくいとじするとそのぶんだけズレるんですが実際は伏せ止めもあるので、かなりズレてしまいます。この場合は、衿のところで綺麗にぴしっと揃うようにどうにかしてすくいとじをするのでしょうか? 

どうぞよろしくお願いします。
ばんび
2016/08/03 14:16
☆ばんびさま

はじめまして。メールチェックを怠っており、返信が遅れました。
正直申しますと、2011年暮れから2012年3月に編んだものなので、よく覚えていないのです。編んだ現物も、既に処分しています。本と当時のノートが残っていましたので、そこからの推測です。

身頃と袖で段数が異なりますが、針ですくう数は少ない方に合わせます。
すくいとじを飛ばす箇所は、均等にふります。3等分したうちの2箇所で目をすくわないということです。
編み物は目数段数が異なる物を、とじはぎして合わせることが多々あります。その時は、2つの寸法を同じ長さに合わせると考えてください。

身頃と袖のラグラン線の長さを、三平方の定理で計算してみます。少しだけ難しい話なので、何となくわかっていただければでいいです。
(編み物の製図をする時、三平方の定理を使います)

身頃のラグラン線の長さをXとします。
縦は21.5cm、横は約10.5cmです。
(脇の4目伏せ目分をゲージから2cmと判断して差し引いています)
計算方法は省略しますが、Xは約23.9cmとなります。

袖のラグラン線の長さをXとします。
縦は20.5cm、横は約13.5cmです。
Xは約24.5cmとなります。

身頃と袖の長さの差は約0.6cmです。ラグラン線が24cm程度になるようにすくいとじをすれば問題なく仕上がると思います。
電卓を使うのが面倒ならば、実物大で線を引いてみるのもオススメです。

・・・と偉そうなことを書いていますが、考え方が間違っていたらゴメンナサイ!
8月下旬頃になりますが、私の師匠に一応確認してみます。その時、私の回答が間違っていた場合は、またこちらにコメント入れますので、よろしければ御覧ください。
それよりも、文化出版局から早くお返事をいただけるといいですね!
shimaaji
2016/08/07 23:57
shimaaji さん、こんばんは。

とっても丁寧なお返事をいただき、びっくりしました。感激です。どうもありがとうございました! 

「少ないほうに合わせる」「2つの寸法を同じ長さに合わせる」というのが基本で、計算でも出せるんですね・・・。勉強になりました。身頃の方が長いっておかしくないのかなと思っていたのですが、編み図の間違いを少しでも疑った自分が恥ずかしいです・・・。

教えていただいたことはきっと間違いではないと思うので、とじはぎを進めてみます。先生に確認までしていただけるなんて・・・、恐縮です(8月下旬にコメントを追加されるかどうか、またこのページにお邪魔しますね)。それから、出版社から返事がいただけるといいですが、こちらで教えていただけたので満足しました・・・。問い合わせ内容は解決しましたとメールしておきます。

お忙しいところ、本当にどうもありがとうございました! とっても嬉しいです。これからも寄らせていただいて、shimaajiさんの美しい作品を拝見できるのを楽しみにしています! 
ばんび
2016/08/08 02:58
☆ばんびさま

こんにちは。カーディガンは完成したでしょうか。
本の編み図が間違っていることは時々あるので、疑った目で見ることはいいことだと思います!
見つけにくいですが、出版社のHPに訂正のページがあります。

前回のコメントは自分でもわかりづらいので(!)、おさらいです。

身頃と袖で段数は違いますが、斜めのラグラン線の長さは同じです。
(厳密には計算で約0.6cm違いますが、この編み図や糸だと同じということになります。)
ところが、三國さんと同じゲージには編めませんし、手加減でも変わりますから、長さに差が出てくるかもしれません。
その時は、2つを同じ長さになるように合わせます。
針ですくう数は、少ない方に合わせてください、ということでした。

先生に確認しましたが、この考え方は合っていました。
但し、私の考え方は「ヴォーグ」という団体の考え方で、他の考え方も色々あり、どの考え方も間違えではないそうです。

三國さんが何故こういう製図にしたかは、三國さん本人に聞かないとわからない、ということでした。
三國さんはヴォーグ出身の方ではないので、違う意図があるかもしれません。
お返事をいただけるかどうかは別として、三國さんのTwitterに質問してみては?というお話でした。

編み物は、針の持ち方からして何が正解というのはない世界です。
プロセスは何となく適当、仕上がりは寸法通りでキレイ、このような感じでいいのではないでしょうか。
それでは、お互い編み物を楽しみましょう♪
shimaaji
2016/08/19 12:30
Shimaajiさん、こんばんは〜

こちらに伺うのがずいぶん遅れました(*_*)
8月も過ぎ、9月に入ってますが、じつはカーディガンはこちらにまたうかがってから…と思っていて、あれから手をつけていません…。来客も重なり、ちょっと編み物を置いていましたが、やっと編み物をゆっくりとできる時間ができ、伺いました。メッセージを頂いていて嬉しいです。

先生にもご確認いただき、本当にありがとうございます。でも、前回やはり正解を教えていただいてたんですねー。

ツイッターはしていないので、三國さんに質問はできませんが、いつかお話する機会があったら尋ねてみます。デザインされたときにいろいろ考えて作られていると思うので。

ヴォーグって、ヴォーグ学園ですか? もしそうなら、わたしも一年間ぐらいお世話になりました! このレベルの質問をしているので、恥ずかしいですが、初心者から入門、講師養成講座を受けて、ヴォーグスタイルと、担当の先生のやり方を教えていただきました。ヴォーグのやり方は美しく仕上げるのに大切だなと思いますが、じつは編み物ってかなり自由なんだなと、三國さんの編み図で感じました。教えてもらったことと全然違うというか…。ルールがないというか…。どちらが正しいとかはないので、編み物は深いなー、可能性のかたまりだなと思っています。大好きです。

まだまだ知らないことがたくさんですが、こうやって質問したら教えていただけて、本当にありがたいです! また伺います!shimaajiさんのレベルまで編めるようになるにはまだまだ時間がかかりますが、コツコツやっていこうと思います! 本当にありがとうございました!!!
ばんび
2016/09/09 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アランの衿つきカーディガンが完成!! shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる