shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS ボランティアニット2012 セーターの巻

<<   作成日時 : 2012/09/19 18:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年もボランティアニットの季節がやってきました。

編み物教室に通いだして3年半以上・・・
なのに、なぜか未だノーマルな長袖のセーターを編んだことがない私。
今年のボランティアニットで挑戦してみました。
配布先はベトナムの山岳地方です。

ボランティアニットについての詳細は、↓をご覧ください。

世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト
http://www.tezukuritown.com/smile/index.html


画像

使用糸 パピー「シェットランド」COL.42×6玉,COL.27×1玉
使用針 クロバー「匠」2本棒針6号,3号 輪針40cm3号


お教室のお仲間から、パピー「シェットランド」のサーモンピンクをいただきました。
ありがとうございます♪

ボランティアということで、洗濯事情や不公平さがないように考慮すると、汚れにくくて、男女どちらでも可能な色にしなくてはなりません。

というわけで、さすがにサーモンピンク一色にするわけにもいかず、別の色と合わせてボーダーにすることにしました。

何色にしようか悩みましたが、濃い目であるものの編みやすい色ということで、こげ茶よりは明るめの茶色をセレクトしました。

いただいたサーモンピンクと合わせると、アポロチョコみたいで、なんだかカワイイ

この組み合わせ、自分の物を編む時や既製品では選ばない色なので、この機会にふれあうのが新鮮で楽しかったです!

糸選びまでは順調でしたが、その後チラチラと問題点が・・・

婦人のセーターの編み図を利用して編みました。
糸が細くなれば単純に縮小されるかと思っていたのですが、これがちょっと甘かった・・・

タテヨコ比が微妙に変わったため、袖山が高くなりすぎてしまって、おかしな様子に
製図の段階で先生が指摘してくれたので助かりました。

あと、衿ぐり。
これは衿のゴム編みを編む段階になって頭が入らないと、これまた先生が指摘してくれました

よく考えたら、大人と子供の頭周りって、体の比率ほど変わりませんものね。

まず、前後衿ぐりで「伏せ目」した所を「休み目」にしました。
これでも頭周りの寸法を確保できず・・・

衿の拾い目の時に「かけ目」で1割程目数を増やしました。
「かけ目」の次の段は「ねじり目」で編みます。
ゴム編みの裏目にくるようにすると目立たないです。

これで、なんとかなりました。
私の頭でも入りましたすごく嬉しかった〜

今回「はじめて」だったところは、「引き抜きとじの袖つけ」と「ダブル衿」。

袖つけは何度かやり直したものの、とりあえずどうにかなった!?

ダブル衿は、ゴム編み止めしなくてすむので、かえって簡単でした。

今年の募集サイズは100〜120cmですが、あー、少し小さいかも・・・
90cmに近い100cm??

同じ年でも体の小さな子がいるだろう、ということで許してください。

夫が「このセーターは最後におとなしい子がもらうだろう」とか勝手に想像して楽しんでいました。

毎年どんな子の手に渡るのか想像するのが楽しいのです・・・
笑顔で寒さを乗り切ってほしいものです。

締切までまだ時間があるので、帽子も作る予定です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ボランティアニット2012 セーターの巻 shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる