shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS 輪針いろいろ

<<   作成日時 : 2013/07/03 17:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日、Opalの靴下を編みましたが、今回は、その時に使用した輪針の話です。

靴下は、マジックループの方法で編みました。

私はペア編み(左右のソックスを同時に編む)はやりませんが、足首、かかと、甲、つま先の要所要所ごとに同時進行します。

足首を半分くらい編んだら、短針で休めておき、もう片方を足首半分くらい編む・・・といった感じです。

これだと、1足完成してから、もう1足編むのか〜とガクッとくることもないですし、ペア編みで、境目に気を遣うこともないです。

ドイツの糸には、やっぱりドイツの針でしょう〜!と、addiの"Turbo"輪針100cm2.5mmと2.75mmを購入してみました。

ところが、最初は編みやすい!と感動していたのですが、ツルツルと糸が滑りすぎてしまい、針を持つ手に妙な負担がかかるようなので諦めました。

そこで、近畿の「KA」輪針80cm1号で編みました。

コードが細めで、竹針とコードを金属で繋げています。
コードがくるくる回って、これがいい感じ
付け替え式ではないので、緩むことはないです。
いい意味で、くるくる回ります。

金属部分が臭い(10円玉のような感じ)と、編み物教室のお仲間が指摘していたのですが!
そこは諦めることにして・・・

画像

左 addi"Turbo"輪針100cm2.5mm
右 近畿「KA」輪針80cm1号


糸と針との相性もあるので、addiも何かの折に再チャレンジしてみます


1号針ではありませんが、よく話題にあがる、この辺りの輪針も持っています。

画像

左 ニットプロ「シンフォニー・ウッド」付け替え式輪針
右 クロバー「ミニ輪針」23cm


ニットプロは、編んでいるうちにネジが緩みますが、あまり気にしないで、要所要所で締め直しています。

クロバーの短〜い輪針は、ちょっと苦手


一方、クロバー「匠」は好きです
ジャラジャラと沢山あります。
ぜひ「匠」で、輪針1号2号を作ってください!!

6号以下のコードが、数年前にリニューアルしたようです!?
新しい方がコードが柔らかくて、透明感があります。

画像

例えば5号・・・奥が新しいコードです。
手前の物に比べて、コードが少しだけ細くて、柔らかくて、透明感があります。


新旧混在しているお店が未だにあるかもしれないので、購入時に思わずチェックする癖がついてしまいました


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

輪針いろいろ shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる