shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS リセット

<<   作成日時 : 2013/07/27 20:43   >>

トラックバック 0 / コメント 4

棒針編み講師認定コースの「ハイネックプルオーバー」を
編み始めましたが・・・
あれあれ、なんかサイズが小さいかも!?

画像

使用糸 FILATURA DI CROSA「ZARA」COL1389
使用針 クロバー「匠」棒針6号


こちらは、1ヶ月以上前に編んだスワッチ(試し編み)。
このゲージを元に、割り出しの計算をしました。

画像

しかし、じっくり製図と割り出しをやっている間に、
すっかり手加減が変わってしまったようです

ZARAは、キレイに編めるところが魅力的ですが、
糸に弾力がありすぎて、
テンションのかけ方によってゲージが変わりやすいようです。

10cmにつき1目1段程度違うだけなのですが、
ウェアになると、やはり誤差がでてきます。

針の号数を変えたり、
緩く編むように心がければ対処できますが、
一応、資格のカリキュラムじゃないですか。

それって「計画通りにいかなかった
ということになってしまうので、
以下をやり直すことにしました。

目数・段数の計算
斜線の計算
実物大製図
カーブの計算
編んだ毛糸をほどく(1.5玉分)
ほどいてラーメンみたいになった毛糸にスチームをかける・・・

割り出しも2回目ともなるとスイスイ。
復習も兼ねて、かえってよかったかもしれません!
(と、思いたい

気持ちを新たに、楽しんで編みます


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
しまあじさんを天使さんたちがサポートして
くださってると祈ってます。
燃えろ! いい女!
Wの喜劇
2013/07/28 10:37
計画どおりにいかなかった。。。。

そうなのか。。。
それは減点の対象になるんですね、
厳しいな〜先生の道は大変ですね!(◎_◎;)

編みも少しの力加減で違ってくるんですね、
なんだか寿司職人さんみたい。
シャリの重さはプロだと同じ重さでしょう?
機械みたいに正確に五感でできるじゃないですか、
ああいう感覚でしょうかね、いつでも同じに編めるということは??

音楽は案外適当です、バルトークなんて録音したって
いつでもこうじゃないし時と場合では違うしねー!なんて
自分で言っちゃうんです、なんて適当な!(◎_◎;)
何を信じればいいのさ?みたいな。
でも、そういう気分屋さんは嫌じゃないんです、
やっぱり気分ってありますしねo(^▽^)o
MIKAKO
URL
2013/07/28 13:07
☆Wの喜劇さん

ふふふ、コメントありがとうございます。
新しい年、いかがお過ごしですか(*´∀`*)

25日は具合が悪くて、ほとんど寝て過ごしました・・・お祭りとはいきませんでしたが、そんな休息の取り方もありますよね!
次の日、「ラセンクロトン」という黄色が効いた観葉植物を買ってきました。
ついつい眺めては癒されていますが、眺めすぎて熱中症にならないようにしないといけません。

8月も頑張りましょう♪
shimaaji
2013/07/28 17:53
☆MIKAKOさん

いやいや、減点なんてないんですよ〜
作品提出して協会にお金払えば、資格はいただけてしまうのです・・・ノ(´д`*)
国家資格でもない資格って、せいぜいこんなものなんですよね。
私は講師になるつもりはありませんが、どうせならキチンとやっておこうかな、という性格のようです。

音楽は感情も表現するから、演奏ごとに変わることは大いにありますよね?
例えばジャズは、テーマだけ決まっていて毎回アレンジが変わるから、全く同じ演奏ってありえませんもの!

手加減が変わってしまうのは、私の場数が足りないからです(´Д`;)
編み物歴が長い方だと、寿司職人のように対応できると思います!
shimaaji
2013/07/28 18:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リセット shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる