shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴォーグ棒針編み講師認定コース 棒針編みのゲージ調整と分散増減法の巻

<<   作成日時 : 2013/11/28 18:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

目数を変えずに、編み目の大きさを変えることによって、編み地全体の大きさを変える方法を「ゲージ調整」といいます。

テキストの通り、針の太さを変えて編んでみました。
左から5,6,7,8,9号で、全て20目30段で編んでいます。

画像

使用糸 パピー「クイーンアニー」
使用針 クロバー「匠」棒針5,6,7,8,9号


何%くらい大きくなったかな〜?
テキストでは、針を1号変えた時の平均的ゲージ調整値は5.5%・・・
あらら、私は7%でした!

編みながら、意図的に大きさが変わるように、意識しすぎたかもしれません。


次に「分散増減法」です。
今度は針の太さを変えずに、模様の大きさ(目数)を変えて寸法を調整します。

ねじり増し目で、目を増やしていきます。

左から
模様と模様の間を変化させたもの
模様自体の大きさを変化させたもの
模様と間の両方で変化させたもの

画像

使用糸 ハマナカ「やさい畑L」,オリンパス「ジェームス・ディーン エバー」
使用針 クロバー「匠」棒針7号


さて、これらの練習をしましたが、提出課題は、ゲージ調整で編むオフタートルのプルオーバーか、分散増減法を使ったフレアスカートのどちらか1点でOK。

私は、スカートにしました。
スカートの方が、今後編む機会が少ないかな?と思って・・・
デニムやレギンスの上に履く、あったかミニスカートを編んでいます!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビみました!!
フェアアイルの!!
すごい〜編んでみたい〜
でも欲を言えば、北欧柄が好き〜
トナカイさんとかがすきなんです、
イッタラに合いそうだし!

keitoさんで、この先生の入門クラスが
ありましたね、行ってみたいな〜
でも、まだへたくそだから無理か。
もっとすいすい編めるようになったら
行きたいなあ〜いつになることやらですが。

そうなんだ、編み棒のサイズでこんなに
違ってくるんですね、
チューリップミトンは、すこし私には
小さいかな?なんて思ったので、
今度は少し大きいサイズの榛で編めば
ちょうどいいのかもしれません。

模様の素敵ですね〜
私もできるかなあ??
とりあえず、
ミトンの親指のところを来週聞きに行くんです。
靴下もあみたいけれど。。。
難しいかしら、やっぱり
mikako
URL
2013/11/28 22:12
☆MIKAKOさん

忙しいのに観てくれたのですね〜うれしいヾ(*´∀`*)ノ
あの番組では、普段アメリカ式で編まれている講師の方も、手元アップの時はフランス式にすることが多いのです。
だから、なかなか貴重な番組だったと思います。

編み込みは、柄の関係でサイズ調整が難しいですよね。
今度同じ糸でチューリップミトンを編む時は、1号太い針も試してみてください♪

靴下は、「かかと」さえクリアできれば簡単ですよ。
私は12月〜1月は旅行や帰省が続くので、靴下をモバイルニッティングしようと思っています!
shimaaji
2013/11/29 15:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヴォーグ棒針編み講師認定コース 棒針編みのゲージ調整と分散増減法の巻 shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる