shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS 編み物小説 その1

<<   作成日時 : 2014/05/27 22:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

シアトルで毛糸店を経営する女性と、そのお店で編み物を習う女性達のお話です。

画像

左から
『恋のつぼみがほころぶとき』
『夢の花がひらくとき』
『愛の果実がみのるとき』
デビー・マッコーマー(Mira文庫)


ブロッサム・ストリートシリーズとして、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

日本では、2009年7月から9月にかけて刊行されました。
発売時に読み、約5年ぶりに再読。

登場人物は、それぞれ悩みを抱えていますが、問題が解決していく様子は単純で、少し物足りない気もします・・・

ロマンス小説系だから、基本はハッピーエンドなのかな!?

それでも、編み物を題材にした小説は少ないので、編み物だいすきな方なら楽しめます。

思わずホロッと涙する場面も多いのです。

主人公の編み物への情熱に触れた時、自分も編み物をしていて良かったと思う瞬間です

各章の冒頭には、ニットデザイナーの方々の、名言(?)も寄せられています。

この本、残念ながら絶版かも・・・
興味を持たれた方は、図書館か古本、もしくは電子書籍で探してみてください。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

編み物小説 その1 shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる