shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS ソフスパークでドルマンスリーブ

<<   作成日時 : 2015/02/18 20:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ドルマンスリーブのプルオーバーが完成しました。

こちらは、ヴォーグ棒針編み講師認定コースの補足です。

ドルマンスリーブは提出課題ではありませんが、
テキスト上の理論だけで済ませるのではなく、
実際に編んでみることにしました。

画像

使用糸 リッチモア「ソフスパーク(廃番)」COL3×約280g
使用針 ニットプロ 付け替え式輪針 長さ種々10号,6号


体型を拾わないボックスシルエットに、
二の腕をカバーする程度の控えめなドルマンスリーブ、
長めの首が間延びして見えないボートネック、
肘から下はタイトで手首を出してスッキリ、
狙い通りになりました!

画像

太糸で、洗練された感じには欠けますが、
フワフワのアルパカ混の中から、
シルバーラメがチラッ
控えめな輝きがキレイです。

追記 2015.2.19
ラメ見えない〜というお声が・・・
↓拡大画像を追加しました♪

画像

とても軽い糸なので、
ドルマンスリーブを編むには向いていたようです。
毛玉はいっぱい出来るかも

身頃サイドと袖は、
前後同時に裏メリヤス編みで横編みしています。

身頃を編んでいる時は、着丈方向に伸び、
袖を編んでいる時は、袖丈方向に伸び・・・
ゲージが安定しないのが難点。

ドルマンスリーブのカーブは大きめに、
袖のゆるみも多めにしておくと、
臨機応変に対応できるかと思います。


さて、先生から提案された「お題」が終わりました。
ゲージ・製図・割り出し計算まででもよいとのことでしたが、
作品まで仕上げて本当によかったです。

最後まで編んでみないとわからないことって、
いろいろあります。

次は指導員ですか〜
テキストを見ましたが、正直興味があるのは、
丸ヨークとラグランスリーブの製図くらい。

今年は見送ります。
肩書きばかりが立派になってしまって、
実力が伴わないのもどうかと思うし。
今後どうしたいのか考えてみます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ソフスパークでドルマンスリーブ shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる