shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS キャリーシーロングvs.ニットプロ

<<   作成日時 : 2015/04/27 17:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

人気の付け替え式輪針、
チューリップ「CarryC Long」(キャリーシーロング)。
「ニットプロ」と比較してみました。

まずは針先。
左側が4号、右側が6号です。

画像

クロバー「匠」の輪針セットは持っていませんが、
参考程度に左側に輪針40cm、
右側に輪針80cmを置いてみました。

次に針全体。
上側が6号、下側が4号です。

画像

それぞれコードを付けると、こんな感じ。

画像

ストッパーは、なぜかお互いのコードに接続できます。

画像

アダプターを使用して、コードを延長したところ。

画像

円柱の真ん中を潰したような形。
平らなので幅がありますが、
周長は変わらないと思います。
少なくとも5号で試した限りでは、
スムーズに編めました。


使い心地は、個人差がありますし、
他のブログや楽天のレビューが沢山ありますが、
あえて書くならば・・・

クロバー「匠」
竹製は、編んでいる時の感触が良い。
製品としての品質が格段に良い。
良くも悪くも針先が丸い。
コードが硬い。

ニットプロ
針先がシャープで編みやすい。
木製は、編んでいる時の感触が硬い。
(慣れると平気)
製品としての品質に、バラつきがある。
針とコードの接続部が緩んでくる。
(付属のネジでしっかり締めれば問題ない)
針の色が濃いので、濃色糸が好きな私には見にくい。
号数の印字が剥げてくる。
(透明のネイルで対応)

チューリップ「キャリーシーロング」
針先がシャープで編みやすい。
コードは柔らかくて、クルクルと回る。
先に発売された「キャリーシー」の、
透明なコードよりも柔らかい。
接続部が緩むことはない。
竹製で、品質はまぁまぁ。

・・・クロバーとニットプロのいいとこ取りでしょうか。

チューリップクラフトカフェ限定で、
キャリーシーロングを単品購入できます。
ところが、リニューアル前のお品?

画像

セットを清水買いする前に、
お試しとして5号だけ購入してみました。
竹は白っぽくて、号数の印字がすぐに剥げてきました。
その後購入したセットの方は、
竹は茶色くて、号数表示は刻印されています。

単品をご検討されている方は、ご注意ください。
セットの方でも、在庫がリニューアル後の物かどうか、
お店にご確認なさると良いかもしれません



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

キャリーシーロングvs.ニットプロ shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる