shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめての引き返し編み

<<   作成日時 : 2010/11/06 19:35   >>

トラックバック 0 / コメント 2

パピーのボーボリでベストを編んでいます。

実は棒針編みのウェアは初めて。
かぎ針に比べて棒針には苦手意識があり、ウェアを編むのに逃げ腰でした。
このままでは上達は望めないような気がして、今年は果敢に挑んでいます。

まずは後身頃。
袖ぐりの減目がないデザインなので、ストールでも編むかのごとくスーイスイ。

しかし、間もなく難関がやって来ました
肩下がりの「引き返し編み」と衿ぐりの「伏せ目と減目」です。

肩の引き返し編みをしながら、衿ぐりの伏せ目と減目をして、
なおかつ模様も編んでいく・・・
うゎー、頭が混乱します!!

お教室で、編み図の読み方と
「引き返し編み」のかけ目がゆるまないようにとポイントを先生に教わり、
あとは家で、全体の流れがわかるようにExcelで図解してみました。
OL時代のスキル(?)がこんなところで活かせるとは・・・

なんとかなった後身頃
画像

編み図 『ヨーロッパの手あみ2010秋冬』(日本ヴォーグ社)
使用糸 パピー「ボーボリ」


Excelで描いてみたら一目瞭然、頭の中も整理できました。
画像


今回、基礎本が大変役に立ちました。

『はじめての手編みセーター』は「引き返し編み」の解説はありませんが、
右側の衿ぐりと肩を仕上げ、糸をつけて左側の衿ぐりを編み・・・
といった手順が丁寧でよく解ります。
(ベテランさんは、これくらいは朝飯前ですよねぇ・・・)

ゴールデンシリーズの『棒針あみ』は、
「引き返し編み」の説明が解りやすいです。
それでも、段消しの目の入れ替えと2目一度をしたら、
超ねじれていて絶対間違っているっ!

正しくは「かけ目とその左どなりの目」なのに、
「すべり目とかけ目」を入れ替えて2目一度していました。
冷や汗ものでしたが、なんとか修復できました。

よく読まないといけませんね。
でも、少しだけ自信もつきました。


追記 2013/02/01
ヴォーグの棒針編み入門コースで、改めて「引き返し編み」の練習をしました。

本によっては、かけ目・すべり目をしながら編む方法しか紹介されていませんが、
緩みやすい方は、かけ目の替わりに段数マーカーを使うと緩みにくいようです。

私は、意外とかけ目が緩まないタイプなので、
かえって段数マーカーを付け外しするのが面倒です。

かけ目は、一言でいえば糸を「かける」動作なのでしょうが、
表を見て編む段は、糸を針の上に「置く」だけ、
裏を見て編む段は、糸をしっかりと「巻く」と緩みにくくなるかもしれません。



ヨーロッパの手あみ 2010秋冬 (Let’s Knit series)
ヨーロッパの手あみ 2010秋冬

はじめての手編みセーター 棒・針・編―ざせつしないでセーターが編める本 (Knit Beginner’s BOOK)
はじめての手編みセーター 棒針編

棒針あみ―はじめての人にもよくわかる基礎の本 (日本ヴォーグ社の基礎BOOK―ゴールデンシリーズ)
棒針あみ―はじめての人にもよくわかる基礎の本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっ!! はじめましたねー。作品みるの楽しみにしてます♪
keikei
2010/11/08 20:33
☆keikeiさん
編み物とかしない人にはマニアックな話題ですが、どうぞよろしくね。
shimaaji
2010/11/09 00:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
はじめての引き返し編み shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる