shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS 靴下に挑戦

<<   作成日時 : 2012/04/17 18:23   >>

トラックバック 0 / コメント 2

前々から編みたかった靴下
今まで何となくタイミングを逃していましたが、お教室のお仲間が編み始めたので、私も便乗しました!

自分は靴下編みに向くタイプか向かないタイプか??
いきなりステキなソックスヤーンと細〜い針を購入して挫折しても困るので、手持ちの糸、いつも使っている針、家にあった本で気軽にチャレンジ。

画像


編み図 『ニットであったか冬じたく』(文化出版局)
著者 林ことみさん


編み図 『手編みのソックス』(文化出版局)
著者 嶋田俊之さん

使用糸 ニッケ「並太」(廃番糸)
使用針 クロバー「匠」輪針40cm5号×2本


片方ずつなのは、糸が足りないからです・・・
これは練習用の靴下なので気にしないでください。
家にある残り糸で、適当に色遊びしました。

まず、林ことみさんの基本の編み方を参考にしました。
プロセスに沿った写真と共に、英語を日本語訳した文章で説明しており、はじめての靴下編みとしては、とてもわかりやすい本でした。

次に、嶋田俊之さんの本を参考にしました。
こちらの本も、基本ページが充実していてわかりやすいです。
自分好みの靴下に応用して編みたい時に役立つと思います。

画像

それぞれ、かかとの編み方を変えてみました。
左が「ボックスヒール」、右が「ボックス+引返し編み(フレンチヒール)」です。

つま先も、減目の回数が違うので、カーブの形が異なります。

履き口も、片方は「共鎖の作り目」、もう片方は「別鎖の作り目」にして二目ゴム編み止めしました。

仕上がりの雰囲気だけでなく、使い勝手も異なりそうです。
足の形や好みがあるので、何回か履いて試してみます。

どちらも輪針40cmを2本使って編みました。
今まで、帽子のトップなども輪針2本で編んできたのですが、カチャカチャうるさいので、今度はマジックループで編んでみるつもりです。


追記 2015.3.1
ご覧になってくださる方が多いようで、誠にありがとうございます。
この記事を書いた後、沢山の靴下本が出版されています。
ここで私が紹介した本は、初心者さんには少し難しかったり、不親切と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
どうぞ、お気入りの本が見つかりますように!




ニットであったか冬じたく―北欧etc.のおもしろテクニック

手編みのソックス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
mixiで見つけました!すごい!素敵な編み物ばっかり!
また更新したらmixiで教えてください。
そうそう、私もなんとなく冷えとりやってます。靴下破れるよね。
恭子
2012/04/19 18:11
☆恭子さん

ありがとう〜、心強い方からのコメント嬉しいです。
mixiの日記と、このブログがリンクするように設定を変更したのです。
編み物の話は解りにくいかもしれませんが、写真だけでも見ていただけると励みになります!

なんと!恭子さんも冷えとりをやっているとは驚きました。最近は生理の度に靴下が破れるの・・・
shimaaji
2012/04/19 21:35
靴下に挑戦 shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる