shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS 縁かがりでプチギフト

<<   作成日時 : 2013/03/15 21:15   >>

トラックバック 0 / コメント 4

既製の靴下に、刺しゅう糸で縁かがりをしました。
義母への、ささやかな誕生日プレゼントです。
3月で84歳になりました。

画像

使用糸 DMC「5番刺しゅう糸」COL554,936
使用針 クロバー「アミュレ」かぎ針2/0号
参考にした本 『おしゃれ時間。07』岩切恵実さんの縁かがり 飾り編み遊び(主婦と生活社)


以前の記事で、認知症で腰が悪い話をしましたが、
実はその後、大腿骨頸部骨折を経て、
1月下旬にグループホームへ入居しました。

もう少し高価な物を贈ればいいのに〜、と思う方も多いでしょうが、
誰からの贈り物かなんて、すぐに記憶がなくなるのです。

部屋に物が増えても、片付けるのは私・・・
なので、実用的なプレゼントにしました。

実は、カーディガンをプレゼントしようと途中まで頑張っていましたが、
間に合わなくて諦めたのです
秋頃、再び編む予定・・・

画像

イトーヨーカドーで購入した、
中高年向けの(?)足口ゆったり靴下。

画像

縁かがりをしたら、お花が咲きました!
春ですね

5番刺しゅう糸は、25番よりも編みやすいです。
まだまだ糸が余っているので、
他にもいろいろ縁かがりしてみたいな

画像

ラッピング替わりに「まめぐい」を用意しました。
小さな小さな手ぬぐいです。

高齢者がポケットに入れるにはちょうどいいサイズで、
ミニタオルよりも、かさばりません。

ハンカチは、ホームにいると本当は必要ないのですが、
デイや病院に通っている時からの、何となく習慣です。

こちらも縁かがりしようかと思いましたが、
しつこくなりそうなのでやめました。

残念ながら、靴下にも「まめぐい」にも、
マジックで名前を書きました。

全ての持ち物に名前を書く度に、本当にがっくりくるのですが、
これはもう仕方がありません。

名前を刺しゅうするのも面倒だし、
かえって名前が解りにくくて、
ホームの方にマジックで書かれたら、もっとショックだし・・・

ホームでの洗濯事情を考えると、
この靴下のお花たちも、過酷な運命を辿りそうですね〜

さて、ホームでの初めてのお誕生会を開いていただきました
靴下&「まめぐい」を持って参上

同じユニットの皆さんと、ケーキを食べて、
歌を歌って、風船バレーをして遊びました。
皆さんお元気!私の方が疲れてしまいました


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
認知症。。。。
脳の病気は目で見えないからどうしていいものやら。。。
でも、素敵なお誕生日のプレゼントは一時的でも
喜んでいただけたのではないでしょうか。
マジックで名前。。。だれのかわからなくなりますから、
仕方がないとは言え、すこし悲しくなりますね。

お義母様が笑顔でいらっしゃることと、
shimaajiさんが笑顔で毎日を過ごされていらっしゃることを
応援しまo(^▽^)o
MIKAKO
URL
2013/03/16 17:24
☆MIKAKOさん

お心遣いありがとうございます(*´∀`*)

プレゼントした瞬間は感激していましたよ!
その後は、よくわかりませんが(;^ω^)

病気だとわかってはいても、家で一緒に暮らしている時は大人な対応ができず、可哀想なことをしました。
今は、かえっていい感じの距離感ではないかと思っています。

お茶碗やお箸にも名前を書くんですよ。
100均の物とかなら構いませんが、いい物だとちょっとねぇ・・・
それなりに高かった羽毛掛布団には、さすがにネームタグを縫い付けました!
shimaaji
2013/03/16 20:05
縁かがり、桜というよりは小梅が桃が咲いたみたいで可愛らしいですね!

そういえば・・・ガーゼに刺繍色と小さなビーズで縁かがりをしたものを何枚もセットでいただいたことがあります。赤ちゃんのお口周りを拭くようにって。
うんと若い頃はそういったものの価値が今ひとつわからない・・
うんと年とると、今度は、覚えていられなくなる・・

プレゼントする人とプレゼントされる人と、気持ちは少しずつすれ違ったまま、どちらの側も皆が体験して、受け継がれていくのでしょうかね・・・

すごく嬉しくて喜び、それをいつまでも覚えている・・ということはすごく悲しくて落ち込む、それをいつまでも覚えているというのと同じ能力で、それがいくつになっても鋭くあったら、案外、人って、生きにくいのかもしれません・・・

最近、ちょっとそんなことを考えたのでした。。。

でも、shimaajiさんがなさっていらっしゃるようなことは、人の記憶うんぬんというよりも、「徳」という目に見えないもので、かならずかえってくると思います。「徳が高い」というのは、穏やかな幸せに恵まれる・・そんな風にも思います。
miche
URL
2013/03/17 02:09
☆micheさん

ありがとうございます(*´∀`*)
そんな大層なことはしていないのです。
献身的な(特に精神面で)夫と比べると、私は本当に意地悪で困ったものです!?

ガーゼに縁かがりした沢山のハンカチ、私はずーっと覚えていますよ!
私が戴いたわけでもないのに、手芸少女には印象強かったようです。
こんなことができるんだ!という驚きと、もっと可愛くできそうなのに(ご高齢の方が作られたので、ちょっと地味でしたよね)とも実は思っていました。

プレゼントに関しては、相手のことを考えて選んだり作ったりしますが、差し上げたその後どうなるかは考えてはいけない、というのが私の考えです。
義母に自分の手作り、しかもお古を持ってきて、その後気に入って使ってくれているかを聞いてくる遠縁がいましたが、こういうのは嫌ですねぇ・・・

義母は、子供の頃のとても楽しかった思い出は、まだまだ忘れていません。
人は、辛かった事、もしくはどうでもいい事は忘れやすくて、純粋に楽しかった事は忘れにくいように、うまいこと出来ている気がします。
shimaaji
2013/03/17 13:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
縁かがりでプチギフト shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる