shimaaji

アクセスカウンタ

zoom RSS 編み物マンガ その1

<<   作成日時 : 2014/08/01 15:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

『はじめのニット!』
タイトルと表紙の絵を見て、編み物漫画だ〜〜と飛びつきましたが、正確には「手芸漫画」でした。

画像

『はじめのニット!』1巻
芦田実希(講談社ITANコミックス)


ネタバレは、ありません。
気になる方は、本屋さんへ

主人公は、さほちゃん。中学2年生です。

このマンガ、登場人物・セリフ・動きが少なめなので、想像力を豊かにして読むのがおすすめです。

私の場合、漫画の世界観と昔の記憶が重なり合いました。


shimaajiが編み針を初めて持ったのは、小学生の時でしょうか。

鎖編みしか編めなかったので、あやとりの紐を編んでいました。

もう少しまともな作品を仕上げたのは、中学3年生の時。

必修クラブ(授業時間中の特別活動)で、仲良しの友達2人と「編み物クラブ」を選んだのです。

最初の作品は、レース編みのドイリー。
大胆な行動でしたが、一応完成。

次は、棒針編みのセーター。
受験生には大物すぎて、最終的には母が仕上げてくれた

その後、20年近く編み針を持たなかったため、未だ初級者!?

小中学生の時は、編み物以外の手芸の方が好きだったかも。

そう言えば、新学期に持っていく雑巾を縫ったり、穴の開いた靴下を繕ったり・・・なんてことも。

懐かしいなぁ〜、昭和の香りがしてきます


『はじめのニット!』のあとがき漫画。無料で読めます↓
http://itan.webn.jp/nitto/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

編み物マンガ その1 shimaaji/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる